2013年09月18日

神奈川⇔岡山(後編)

20130729011910.jpg
写真の掲載はいつもの通り無許可です。

不貞寝し始めた梶井を放っておくわけにもいかず、だらだらと夜を明かし頃合いを見て解散。

小雨が降りしきる中、京都市内のICから高速に乗り西へ西へ。

京都〜岡山間は終始雨に打たれたので、特に写真を撮ることもなく無心で走っていた。
雨の日、ライダーの皆さんは、何を考えながら走ってるんでしょうか。

兵庫県の三木SAで一時間半程の雨宿りを余儀なくされるなど、適度に足止めをくらいつつ
17時くらいに実家に着きました。神奈川を出て2日、総走行時間は15時間くらい。
事故もなくトラブルもなく無事に帰ってこれてワルキューレに感謝ですね。

岡山に帰ってきてからは大学時代の友人&その彼女(もうすぐ結婚するらしい)と酒を飲んだり、大学の研究室に遊びに行ったり、墓参りに行ったり、姉の婚約者(俺より年下)を交えて家族で食事をしたりと地元ならではのことをして過ごしていました。

そんな中、ワルキューレをかっ飛ばして行ったのが新見市にある満奇洞という鍾乳洞。

IMG_4495_R.JPG
駐車場

IMG_4499_R.JPG
たぬき

鍾乳洞の中は15℃くらいとちょっと肌寒い。外気は35℃くらいなのでよい涼がとれました。
ちなみに内部の写真は綺麗に撮れなかったので載せません。

鍾乳洞のあとは高速道路をガンガン南下。かねてより行ってみたかった、瀬戸内海に浮かぶ犬島へ。
この犬島では島の一部をアート化しているのです。


犬島はだいたいこの辺

IMG_4550_R.JPG
港からフェリーに乗って犬島を目指す。

IMG_4553_R.JPG
10分くらいで到着。

IMG_4559_R.JPG
上陸。煙突のようなが見えますが、精錬所の跡地らしいです。

IMG_4574_R.JPG
精錬所入口。

IMG_4578_R.JPG

IMG_4640_R.JPG

IMG_4657_R.JPG
なんだ、ここは…

IMG_4729_R.JPG

IMG_4730_R.JPG

IMG_4747_R.JPG
廃墟のようだが、それよりも

IMG_4764_R.JPG

IMG_4682_R.JPG
ラピュタのような世界でした。

まさか岡山にこんな場所があったなんて衝撃です。
岡山の好きな観光スポット トップ5に食いこんできましたね、こいつは。

その他、島内には「家プロジェクト」と称して企画展示を目的とした「A邸」「C邸」などギャラリーが点在しています。じっくり見ても2〜3時間ほどで回れてよい散歩コースになりそうです。ちなみに島内散策は有料です。

IMG_4791_R.JPG
カフェもあります。

IMG_4813_R.JPG
えっ、島流し?えっ?

といった感じで犬島を満喫しフェリーに乗り本州へ。そろそろ家に帰るとすっかと思ったところ、なんかバイクの下に水溜まってね?しかも、ガソリン臭くね?
近づくにつれ、疑心は確信へと変わる。やっぱりガソリン漏れてる…。
セルを回すも「キュルルン」となるだけで水平対応六気筒エンジンはかかる気配はない。

タンクの中にガソリンがあればエンジンはかかるはずだが、、これは、うーん…。


\(^-^)/ダメかもしれん


というか確実に俺の手に負える範疇を超えていたので、任意保険に組み込まれているレッカーに応援を要請する。
この日はすでに20時を回っておりバイク屋も閉まっていることから、翌日の朝、搬入してもらうことに。

―そして翌日、バイク屋の整備さんに見てもらうと
「セルモータとキャブレターが(恐らく)逝った」のだろうと。
そんなレアなところが壊れるんや…などと絶望に打ちひしがれながらも名古屋や京都で壊れなかったことに感謝する。そして、ワルキューレを買った店に修理を出せたことを不幸中の幸いと喜ぶことにする。

こうしてワルキューレは岡山で修理、俺は一人、新幹線で神奈川に帰ったのであった。

fin.


というのが8/2の話で、あれから1ヶ月半!ようやく、ようやく!修理を終えたワルキューレが神奈川まで運ばれてきましたキタ――(゚∀゚)――!!

今月末には職場のツーリング部による温泉ツーも控えていることから、一日でも早くワルキューレを引き取り調子を確かめたいところです。クル━━━━(゚∀゚)━━━━!!


posted by 新垣 at 22:40| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。